■材質一覧  ■引戸ガラス寸法の計算方法  ■仕上げ一覧  ■組合せ一覧  ■ショーケースの防犯対策

  ■ガラス耐荷重の計算方法  ■施工方法(ハカマ・レール)  ■蝶番仕上りイメージ  ■和室と座敷金物  

  ■お手入れ方法(ステンレス)


近年は和室がだんだんと少なくなってきており、座敷金物とだけ聞いても具体的にイメージが湧かないかもしれません。
また和室の構造も知らない方が多いのではないでしょうか?
そこで、今回は和室と座敷金物についてご紹介致します。

@【床の間】
茶室や座敷の正面奥の掛け軸や花、香炉を飾る空間のこと。

A【落とし掛け】
床の間の上部の小壁を受ける床と平行に入れる横木のこと。

B【下げ束(さげづか)】
床脇にある天袋の襖の戸当たり部分や、床の間の小壁に設ける束(短い垂直材)のこと。

C【書院】
床の間と縁側との間に設ける窓形式の座敷飾りのこと。昔は造り付けの机の意味もあり、ここで読書をした。

D【床板(とこいた)】
床の間の床に張る地板や畳のこと。座敷の地板(畳)の仕上げ面と同じ高さにする形式と一段高くする形式がある。

E【床框(とこがまち)】
床の間を座敷より一段高くする場合に用いる仕上げ材のこと。

F【床脇】
床の間の脇に設けられ、G【地袋】、H【違い棚】、I【天袋】で構成される。

G【地袋】
床脇の床面に接して設ける背の低い袋戸棚のこと。袋戸棚とは、引き違いの襖(ふすま)をつけた戸棚のこと。

H【違い棚】
床脇に2枚の棚板を段違いに組み合わせて設ける飾り棚のこと。

I【天袋】
床脇の違い棚の上部や押し入れの上部に付けられた袋戸棚のこと。

J【床柱】
床の間と床脇棚の境にある床の間を構成する中心的な化粧柱のこと。

K【鴨居(かもい)】
障子や襖などの引き戸を立てこむための溝が掘られている横木のこと。敷居と対をなすもの。

L【小壁】
幅の狭い壁のこと。鴨居(かもい)の上にある狭い壁や吹き抜きの左右の細壁などをいう。

M【竿縁】
天井を下から支えるために用いる細い部材のこと。

N【地板】
床面と同じ高さに敷かれている板のこと。その他に床脇の違い棚や付け書院の床になる幅広の化粧板も指す。


O【敷居】
部屋をわける境の部分に敷いた横木のこと。障子や襖などの引き戸を受ける材で鴨居と対をなすもの。

P【長押】
鴨居の上部に取り付けられる化粧材「内法長押」のこと。

Q【回り縁】
天井と壁が接する部分に納まりのために取り付けた見切り部材のこと。

R【無目(むめ)】
敷居や鴨居で溝のないものや欄間の敷居のこと。

S【欄間】
天井と鴨居の間に、採光や通風を目的に設けた開口部のこと。 部屋と部屋の境に入れるものを「間越し欄間、書院欄間」、部屋と縁側の境に入れるものを「明り欄間」といい、透かし彫りを施すなどのデザイン性の高いものも多くある。

 

このように、和室には特別な名称がたくさんあります。下げ束、長押、回り縁など、普段聞き慣れない名称がほとんどです。

では、この写真の金物はどこにどのように使用する金物でしょうか?

これは、鴨居に取り付けて額を吊り掛ける金物です。
取り付け方法は以下の図の様に、鴨居に直接打ち込み取り付けます。

 

では、つぎにこの金物はどこに使用するものでしょうか?

先ほどの写真ととてもよく似ていますが、これは長押に引っ掛けて、額を吊り掛ける金物です。取り付け方法は先ほどと異なり、長押の形状に合わせて引っ掛けるタイプになっています。

 


では、最後に、鴨居と長押の違いについて紹介します。

鴨居は襖や戸をはめ込む溝のある上部分のことです。(上レールといった感じです。ちなみに下レールにあたる部分は敷居と言います。)
そして、長押は、鴨居の上にかぶせたり、側面に取り付けたり、柱と柱の間をつなぐように渡して壁に取り付けた横材のことです。本来は構造的な部材として使用されていましたが、最近は装飾的部材として使用されることも増えてきました。その為、必要を感じなければ長押はなくてもかまわないものになってしまいました。

このように、今回は鴨居掛・長押掛について取り上げましたが、この他にも座敷金物はたくさん種類があります。次回は違った金物を取り上げ紹介していきたいと思います。

 

 



 
 
 
   
 
   
 

 

 
 

硝子引き戸ショーケース金物

 

硝子開き戸ショーケース金物

 
 

収納金物

 

ミラーフレーム・鏡押

 

間仕切り金物

 

座敷金物

 

壁面ディスプレイ・吊金物

 

破損止・チャンネル・アングル

 

その他

 

アウトレット

 

別注加工

 

おすすめ商品

 
■新製品