みんなで海へ行こう。
こどもたちの夏休みの工作にぴったりな貝殻で作るフラワーポット







夏休み、海へ行く機会が増えますよね!そんな海に必ず落ちているアレで、夏休みの工作やおうちのインテリアを作ってみませんか?家族で旅行に行った思い出や、田舎へ帰った思い出がつまったオリジナルのフラワーポットをみんなで作りましょう!

海にあるアレとは・・・そう!貝殻です!まずは、貝殻やシーグラス(波に揉まれて角の取れたガラスのかけら)を海へ拾いに行きましょう。材料も自分たちで集めることで思い出いっぱいのフラワーポットがつくれますよ。「誰が一番多くあつめられるか」「誰が一番きれいな貝殻をみつけられるか」などみんなで楽しみながら集めるのもいいですね♪

作り方

今回使用するものは、10cm四方のガラスポット、貝殻、おはじき、サンドペーパー、硝子用UV接着剤、UVライトです。(シーグラスが用意できない場合はおはじきなどを使って作りましょう。)ガラスポット、おはじき、サンドペーパーは全て100円ショップで手に入ります。硝子用UV接着剤やライトは下記リンクより購入できます。


まず、貝殻の内側をサンドペーパーで磨きましょう。平らであれば磨かなくても大丈夫♪

硝子用UV接着剤を貝殻に塗って、貝殻を貼り付ける位置を決め、ぐっと押しつけます。

位置がずれない様にマスキングテープで固定し、

UVライトを当て硬化させます。ライトの光は貝殻を通らないのでガラス側からライトを当ててください。約1分間ライトを当てると完全に固定されます。晴れの日は、UVライトの代わりに太陽の光を当てて固めることもできます。(約10分くらい)

このような手順でどんどん貼り付けていきましょう!

 

ポイント

このように接着面が段差のある貝殻や、おはじきのザラザラした面の場合は、たっぷり接着剤を塗っておきましょう。

接着剤がはみ出てしまった場合は、ティッシュやめん棒などで拭きとってください。ライトを当てる前であれば綺麗に拭きとれます。
少しぐらいであれば透明度の高い接着剤なので、拭き取らなくても目立ちません♪

ガラス用の接着剤なので、接着力はかなり強いです!多分、割らない限り剥がれないと思います・・・!
そのくらい強力な接着剤です。他にもいろいろな使い道がありそうですね♪

 

完成

そんなこんなで、完成です!1時間ほどでできあがりました。 これを見ればいつでも、みんなで行った海を思い出せますね♪
ライトで完全に固定してしまうので接着剤が固まるまで待つ必要もありません。ライトを当てれば固まる不思議な接着剤。
こどもたちにも楽しんで作ってもらえること間違いなしです♪ 夏休みの工作にいかがですか?

【注意事項】
UV LEDライトに使用しているUV-LEDは人体への影響が少ないUV-Aを発していますが、高出力の為、大変危険ですので絶対に直視しないでください。