BLOG

No.30 二重窓にするとヒートショックは起こりにくくなる!?

/

2022.04.11

皆様、こんにちは。

昨今ヒートショックとよく聞き耳するようになりました。しかしヒートショックとはなに?という方もいらっしゃると思いますのでまずはじめにヒートショックについて少しご説明を致します。

大きな気温の変化によって血圧が急激に上下し、心臓や血管の疾患が起こることをヒートショックと呼びます。
血圧の乱高下に伴って、脳内出血や大動脈解離・心筋梗塞・脳梗塞などの病気が起こるので、油断できない現象と言えるでしょう。 なお、令和元年のデータでは交通事故による死亡者が約3,000人であったのに対し、ヒートショックに関連した死亡者数は4,900人となっています。

交通事故よりも事故が起きていることはちょっと衝撃です。

「浴室・脱衣所の窓を二重窓にするとヒートショックは起こりにくくなる!?」

ヒートショックが起きる要因としてはいくつかあるのですが

「暖かい部屋と冷えた部屋は10度以上もの温度差があるので、血管が動きやすいためです。」

下記製品を使用することで簡単に窓を作成する事が可能です。

一般的にはアルミニウム材を使用しますが樹脂材はアルミニウム材に比べて1/1000の熱伝導率となります。

そのため暑い夏場には熱さを室内に入れにくく、寒い冬でも冷気を取り入れにくいといったメリットがあります。

また寸法計算については
間口横幅-1ミリ=上下レール長さ
(間口横幅÷2)+20ミリ=アクリル板横幅
間口高さ-6ミリ=アクリル板高さ
となります。

取付け方法は上下レールを両面テープで貼り付けて、アクリル板をハカマに差し込みレールへ「ケンドン」で取付けるだけだけの簡単な取付け手順です。

※「ケンドン」とは 家具・建築において、戸や蓋をはめ込む方法の一種。上下に溝を掘り、戸や蓋を上げ落としにしてはめこむのが基本的な構造である

これだけで体感温度として2°~3°変わってきます。

ただこれで完全にヒートショックが無くなるという訳では無いですが、予防対策の一つとして十分に効果はあると思います。

取付けてしまえば継続的に効果が発揮するので、家庭でできるSDGSにもつながりますね!!

最後までお読み頂きありがとうございました。

また次回もお付き合いの程、宜しくお願い致します。

ご意見・ご感想などは info@999shimano.com

件名に「ブログ宛」と入れてお寄せ頂けると幸いです(^^)/

いいね! (まだ評価がありません)
読み込み中...