BLOG

No.019 テレビスタンドD.I.Y.しました

2022.01.11

みなさんこんにちは。スリーナイン島野㈱の花尻です。

今回ご紹介するのは、

「事務所に2×4材でテレビスタンドをつけてみた」です。

弊社は大阪市西区(本社)と東大阪市に拠点があります。本社内でも部屋が別れており、それぞれの部屋のコミュニケーション面を向上させられないか?という課題がありました。

そこで、ネット回線でカメラを繋げて離れていながらも、お互いの姿を見て仕事ができる環境を整えることになりました。モニターを設置には、2×4材を使って柱を設置できる「ラブリコ」を使い設置しました。

私自身、リビングに自転車を掛けるラックを同製品で設置したことがあります。そのため要領は解っていたので、部材の選定は迷いませんでした。人が近くにいる場所にテレビを設置することになったので、強力に固定できる方法が必要と思い「強力タイプ」を選定。固定面の面積を増やすためアジャスター下をベース材にビス止めをして下側の面積を増やしました。中間部に固定した「テレビ壁掛け金具」が2本の2×4材をフレーム化にする役割になっています。

 まずフレームを組む前に柱だけで設置してみました。なんと勘違いをして計算間違えをしていたことが発覚!!幸い長くなっていましたので、追加でカットをすることで事なきを得ました。そんなことも有りながら、無事2×4材フレームを窓枠に設置、テレビを掛けて設置完了となりました。なお枠の製作、テレビの設置共に基本的に2人(時々3人)で作業しました。

社内の評判は当初「監視モニターみたい」という声がありました。

しかし、今では内線をする前に話をしたい相手がその場所に居る・居ないが解りますし、内線で話をする時はお互いモニターを見ながら少し雑談も挟んだりと、コミュニケーションに役立っているようです。

この活動を通じて私自身もD.I.Y.の経験値が増えましたし、少しは社内の誰かの問題解決に貢

献できたかもしれません。

カメラの設置や計画を推進してもらった社内SE担当さん、総務課長のおかげです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

また次回もお付き合いの程、宜しくお願い致します。

ご意見・ご感想などは info@999shimano.com

件名に「ブログNo.020宛」と入れてお寄せ頂けると幸いです(^^)/

以上、花尻でした。

前のブログへ                                      

いいね! (まだ評価がありません)
読み込み中...