BLOG

No.31 プッシュ錠(プッシュロック)とは

2022.04.27

プッシュ錠とは

“プッシュ錠”という表現は少々あいまいなところがあるものらしく、“プッシュ錠”が示す鍵には大きく異なったふたつがあるようです。 (1)引き違い扉用のシリンダー式プッシュ錠(鍵を併用)。(2)テンキーによるメカニカル式のプッシュ錠。どちらにも共通していえるのは、“プッシュ”という語句にも表れている通り、「押す」「押し込む」という操作が機構に取り入れられている点です。本項では(1)引き違い扉用のシリンダー式プッシュ錠について、簡単に解説していきます。

シリンダー式プッシュ錠

引戸・引き違いなどで使用される。収納の引き違い扉に用いられる、シリンダー式のプッシュ錠です。シリンダーを押し込むと施錠されるものや、シリンダーに鍵を差し入れ、押し込みながら回して施錠するものがあります。どちらも解錠時に鍵を用い、シリンダーを鍵で回すと、スプリングによりシリンダーが押し出される仕組みをしています。この形式のプッシュ錠はガラスのショーケースなどに用いられていますので、見覚えのあるかたも多いのではないでしょうか。

押し込んだシリンダーが引き違い扉のスライドを固定する、というシンプルな構造です。その一方、他の構造の錠に比べて、セキュリティのレベルは低いといわざるをえません。店舗・オフィスにおいては、ショーケースのガラス引き違い扉やホワイトボード引き違い扉の収納書庫に、このシリンダー式プッシュ錠が用いられている事例があります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

また次回もお付き合いの程、宜しくお願い致します。

ご意見・ご感想などは info@999shimano.com

件名に「ブログ宛」と入れてお寄せ頂けると幸いです(^^)/

いいね! (まだ評価がありません)
読み込み中...