BLOG

ステンレス材の精密な曲げ加工:0.6㎜と0.8㎜厚の技術の限界 No.86

/


掲載日:2023.12.28

最終更新:2024.02.05

こんにちは、スリーナイン島野㈱の米田です。

今日は、ステンレス材の精密な曲げ加工についてお話ししたいと思います。

ステンレス鋼は、その耐傷性と強度から、多くの工業製品において重要な材料です。 特に0.6㎜および0.8㎜厚のステンレス板をベンダー曲げ加工する際、技術的な限界と最適な加工方法を理解することが重要です。本記事では、これらの薄板ステンレスのベンダー曲げ加工における加工限界値について

0.6㎜厚ステンレスの曲げ加工限界: 0.6㎜厚のステンレスは、非常に高い精度が要求される材料です。この厚さのステンレスを曲げる際には、材料の破損を防ぐために、加工の際の圧力と速度のバランスが重要です。 小さな曲げ半径を実現するためには、精密な加工機械の設定が必要とされます。

例)0.6㎜厚の曲げ既製品

0.8㎜厚のステンレスの曲げ加工限界: 0.8㎜厚のステンレス板は、0.6㎜厚の材料よりも少し使いやすいですが、かなり高い精度が求められます。この厚さのステンレスでは、曲げ角度と圧力、ステンレスの特性を考慮し、曲げ加工による材料の破損のリスクを防ぐために、適切な加工技術の検討が必要です。

例)0.8㎜厚の曲げ既製品

結論: 0.6㎜および0.8㎜厚のステンレス材のベンダー曲げ加工は、精密技術が必要となります。これらの加工限界値を理解し、正しい加工方法を選択することで、製品の品質を確保することができます。

当社ではオーダー曲げの加工を対応しています。

今まで「細かすぎて曲げられないだろう」 と諦めていた方、是非一度スリーナイン 島野へお問合わせ下さい。

最後までお読み頂きありがとうございました。

また次回もお付き合いの程、宜しくお願い致します。

ご意見・ご感想などは info@999shimano.com

件名に「ブログ宛」と入れてお寄せ頂けると幸いです(^^)/

いいね! (3 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...