BLOG

フラットなカウンタープランのご紹介 No.96

/


掲載日:2024.02.05

最終更新:2024.02.08

こんにちは、スリーナイン島野株式会社の西野です。

今回は、フラットタイプのカウンタープランについてご説明をさせて頂きたいと思います。

カウンタープランの特徴

カウンタープランで使用するハカマやレールは、間口の底面がフラットになるように設計されております。

下レールの段差が無いことによって書類の受け渡しがスムーズに行えるという点が好まれており、受付などでよく使用されています

部材の特徴

🟢レール🟢

ヨの字などのレールは溝が10㍉を超えるものがほとんどですが、カウンターレールは特殊な形状をしており、溝が2㍉です。

🟢ハカマ🟢

ハカマの片側が長いため、お客様側から戸車が見えない仕様になっております。また、レールの隙間2ミリの部分にハカマが通ることでガイドの役割を果たし、前後のガタつきを抑えられます。

💡カウンターハカマについては「カウンターハカマの選定について」 というブログにて詳しくご紹介させていただいております。是非参考にして下さい😊

商品選定☝🏻

アルミとステンで使用条件が異なりますので、施工場所の条件に合わせて商品の選定をして下さい。

カタログ詳細ページのご紹介

🔗カウンタープラン アルミ 部材一覧

🔗カウンタープラン ステン 部材一覧

🔗カウンタープラン アルミ・ステン 組み合わせ一覧

図面ダウンロードページのご紹介

🔗カウンタープラン 複線 アルミ・ステン 図面一覧

🔗カウンタープラン 単線 ステン 図面一覧

🔗カウンタープラン 3線 アルミ・ステン 図面一覧

🔗カウンタープラン 4線 アルミ・ステン 図面一覧(2線を2本並びで使用)

お問い合わせ頂きましたら、条件に合った商品とプランをご提案・お見積りさせて頂きます。

最後までお読み頂きありがとうございました。

また次回もお付き合いの程、宜しくお願い致します。

ご意見・ご感想・お問い合わせは info@999shimano.com

件名に「ブログ宛」と入れてお寄せ頂けると幸いです(^^)/

いいね! (まだ評価がありません)
読み込み中...