DRAWING BLOG

No.011 守衛室受付窓の図面

2021.09.06

みなさんこんにちは。スリーナイン島野㈱の清水です。

今回ご紹介するのは、

守衛室受付窓の図面」です。

この受付窓は3線引で開口を広く取れる様になっており、下レールには『カウンターレール』が使用されています。

 ここで「カウンターレール」について解説しますと、「ヨの字レール」といわれる一般的なものと比べて溝が細くできています。

溝が細いのでトレイ等を受け渡しする時に引っ掛かったりしないのでストレスがありません。

さらに戸車が走る部分にゴミが溜まりにくい形状となっており、戸車にゴミが絡んでベアリングが故障するといった事がほとんどありません。

まさに受付窓に打ってつけの製品です。

 受付窓に適したレールシステムで「カウンターレール」の他に「上吊タイプ」がございます。気になった方は是非ご相談ください。

 少し話はズレますが、この図面では開口枠と補強枠がビスで施工となっています。

この部分は熔接で施工される事が多いと思っていましたが、最近は「火無し」なんていう言葉も聞きます。

この現場も「火無し」で施工する必要があったのかもしれませんね。

今回ご紹介しました参考図面や部材は下記よりご参照下さい。

最後までお読み頂きありがとうございました。

また次回もお付き合いの程、宜しくお願い致します。

ご意見・ご感想などは info@999shimano.com

件名に「図面ブログ宛」と入れてお寄せ頂けると幸いです(^^)/

以上、清水でした。

いいね! (2 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...